• 2015-12-31 23:52
  • 2015年、暮れていきます。
    ゆっくり振り返る間もなく、
    あっという間に今年もあと数分。
    何気なく過ごす毎日にたくさんの幸せがあったんだと改めて思う2015年でした。
    細々ブログ、今年も無事に続けることができ、
    訪問していただけるだけでありがたいことです(^ω^)
    どうぞ、みなさん、よいお年を。
    そして迎える2016年、みなさんが、
    穏やかで、たくさん笑顔でいられる年でありますよう願っています。
  • 2015-12-29 18:36
  • 約2週間実家で過ごし、クリスマスの夜に帰ってきました。
    (↓函館クリスマスファンタジーの巨大ツリー)
    2015.12 はこだてクリスマスファンタジー

    シャロンが息を引き取る約1週間前に実父が他界。
    シャロンの闘病が続いていたら滞在できませんでしたが、
    母のもとに行っておいでとシャロンは言ったのですね、
    各種の手続き関係、買い物などの日常生活の手伝いが
    少しはできたと思います。
    父と母の大切な家ですが、建てて36年、
    色々と気になるところがありました。
    そこで、1泊のみの夫も大活躍。
    居間の天井をうまく修繕し照明も交換、
    室内物干し竿の位置を下げ、
    ワイヤレステレビドアホンを設置。
    そして、姉夫婦は母に携帯電話を。
    慣れない携帯電話ですが、母も覚えようと頑張っています。
    少しでも安全に暮らしてもらえるよう、
    これからも気付いたことはやらねばです。
    亡くなった父への想い、そのうち呟きます。

    一度は母に食べてもらいたかったおいしいロールケーキ、
    苫小牧に寄って買ってから函館へ。
    そのお店、何度も行っていたのにこれ、気付かなかった!
    2015.12 苫小牧サンドミニック
    自分の応援している選手が食べたというだけで、
    嬉しくなっちゃいました^^


    当たり前のようにそばにいてくれたシャロンとの毎日は
    本当に貴重で幸せな毎日だったと、
    今更ながら実感しています。
    食欲もあり、毎日元気に過ごしていますが、
    これまでの積み重ねてきた日々を思い返すと、
    自然に涙が溢れてきます。
    明るくてかわいくて賢くて優しくて、
    唯一無二の我が家のアイドル、金色の天使シャロン。
    空にかえりましたが、今まで書いていないエピソードなど
    これからも私の思うままに綴ります
    2015.10 シャロンとの絆
         <↑居間でまどろむ夫とシャロン♪ 2015.10>
  • 2015-12-11 00:13
  • 12歳9ヵ月、夫の出勤直前に息をひきとりました。
    翌日の10回目の高濃度ビタミン点滴は叶いませんでした。
    抱きかかえつつも死の前日まで外で排泄。
    闘病の様子は、
    シャロンらしい芯の強さを感じることばかり。
    あっぱれの犬生だったと思います。

    翌日12月8日に『天使の里』さんで火葬。
    青空の中、空にかえっていきました。
    2015.12.8 『天使の里』

    シャロンへのお花、本当にありがとうございます。
    2015.12 シャロンとお花
    私達も火葬時に間に合うように7日の夜、
    深夜まで開いている花屋さんへ行きました。
    この時点でシャロンのために私達のできることは
    花を用意するくらいですもんね。
    車を走らせそれをしていることもまた幸せな時間でした。

    シャロン、今は肉体の苦しみから解放されて、
    気ままに動き回っている気がします。
    2015.12 シャロンの祭壇

    シャロンの死は悲しく寂しいものですが、
    病気発覚直後のような絶望感はありません。
    セカンドオピニオンで訪れた病院の先生とスタッフさんに、
    私は確実に救われました。
    他の病院だったら治療への後悔があったかもしれませんが、
    こうしてシャロンを見送って充実感さえあるのです。
    シャロンとの暮らしは、
    社会の中で許されているなかで、どこでも一緒。
    シャロンの楽しそうな顔がみたくて
    目的がなくても一緒に入れるお店を何度も訪れ、
    温泉旅行やドライブもあちこち。
    道東は糠平温泉郷までですが、
    函館に稚内に襟裳岬と北海道のはしっこをほぼ制覇。
    昨年の静内の桜、今年のさっぽろ雪まつり、
    行ってよかったな。
    私の人生初のワンライフは一区切り。
    一緒に暮らす幸せ、生き方、死に方、
    シャロンからたくさんのことを教わり、
    言い尽くせない感謝の気持ちでいっぱいです。
    ありがとうね、シャロン。
    そしてワンコに関するたくさんの情報を教えて下さったり
    この拙いブログをみて下さっている方にも感謝です
    プロフィール

    ゆきcafe

    Author:ゆきcafe
    おいしい空気とおいしい水の北の大地。
    陽気なシャロンと一緒にいることが幸せ^^

    最新トラックバック
    検索フォーム
    QRコード
    QR