• 2016-01-27 21:23
  • 死の直前数日間、
    シャロンは食べることや動くことがままなりませんでした。
    それでも気持ちはしっかりしていました。
    病院からおしえてもらった栄養補助のもの、
    蜂蜜やコンデンスミルク、水分はシリンジで。
    口に入れるとちゃんと口を動かして飲んでいました。

    そして、日中は昼寝を全くせずに起きていました。
    日中でもよく寝るシャロンでしたが
    その数日間は不思議なほど開眼で過ごしていました。
    シャロンの寝床は、台所や居間、そしてドアを開放すると
    洗濯をする姿まで見える場所。
    その場所から、しっかりと私を目で追っていました。
    台所で料理しながらシャロンを見ると必ず目が合いました。
    その目は力強さがあり、光の宿ったキラキラとした目。
    なんともいえない優しい表情で、
    寝たきりになりつつこのまま生きていけるような顔でした。
    シャロンを家に迎えてからの6年2ヵ月で初めて見る表情。
    振り返ると、
    身体が動かなくてもこの家では大丈夫と安心したのか、
    死期を悟り今までどうもね、と思っていたのか、
    と色々想像しますが、真実はシャロンのみぞ知るところ。
    でも私達の気持ちで確かなことは、
    あんなに穏やかで優しいシャロンをみることができて
    ほんとによかったということです。
    あの時の顔、あの時のシャロン、一生の宝物です


    お蔵入りのたくさんのシャロンの写真の中から
    採用してみました。
    外での楽しそうな姿、見るだけで幸せな気持ちになります
    2014.1.13 楽しい雪散歩
  • 2016-01-24 22:16
  • 今日はシャロンの闘病の様子を。
    なかなか書く気持ちにならなかったのですが、
    勇敢にそして誇り高いシャロンの様子を
    この日記に残しておきたいと思うようになりました。

    昨年9月末の手術以降、
    活性化されたメラノーマの進行は本当に早かったです。
    顔の腫れも日ごとひどくなり眼を圧迫、
    頬や眼から出血、血便も続きました。
    シャロンの筋力や体力も容赦なく奪っていきました。
    いつも、いつまでも歩きたがったシャロンでしたが、
    日によっては排泄後すぐに自ら帰宅することもありました。
    それでも、フラフラでも道路を渡っていこうとする日も。
    そんな時、
    帰り道は抱きかかえることを覚悟して渡りました。
    そして、休み休み抱きかかえて何とか帰宅。
    シャロンの身体に負担はかかっても、
    シャロンの希望を出来る限り叶えたいと私は必死でした。
    死の前日も、排泄のため抱えて外に出ると
    シャロンは懸命に立とうとしていました。
    我が家に来て6年2ヵ月、
    ただの一度も漏らすことなく外で排泄しました。
    もっとお世話させてくれてよかったのにな…

    それから、口の中で大きくなり悪さをするメラノーマ。
    最期の方に、自分の意思で噛みちぎりました。
    少しでも元気が出る
    高濃度ビタミン点滴をした夜のことでした。
    メラノーマを刺激するとより活性化させてしまうのですが、
    シャロンは『この野郎!!!』と
    やっつける気持ちでやった気がします。
    シャ『あたしはあたしで色々考えてたのよー。』
    2015.10.3 マイペースのシャロ散歩



    今日はシャロンに供えようと、
    バナナとヨーグルトでパウンドケーキを焼きました。
    2016.1.24 シャロンの四十九日①

    私の焼いたケーキだけでは何だか足りないので、
    以前から気になっていた洋菓子店でも購入
    2016.1.24 シャロンの四十九日②

    あっ、もちろん私達も楽しみますよ
    2016.1.24 シャロンの四十九日⑤

    シャロンの色、オレンジ色のお花も用意。
    2016.1.24 シャロンの四十九日③

    いつものお供えよりもちょっと華やかな日になりました。
    2016.1.24 シャロンの四十九日④
    死の直前の数日間の様子や
    シャロンの死後のちょっと不思議な話、
    またの機会に記したいと思っています
  • 2016-01-20 19:43
  • ここ数日の荒天、ニュースでもその様子が流されています。
    基本は外出を控え、車中には備えが大事ですね。
    ちなみに我が家は寝袋も積んでいます。
    豪雪地帯から引っ越したので、
    今年の冬は除雪が格段に楽になりました。
    とはいえ身体の使い方によっては除雪で痛めてしまいます。
    皆さん、お気をつけください。

    このブログを始める前の懐かしい写真もたくさんあり、
    それをみて、シャロンの色々なことを思い出します。
    今回は、シャロンのこんな一面を紹介です。
    『あれっ?!どこにあるかな?あれ~~?』
    と言いながら部屋で探し回ると、
    何を探しているのかわからなくても
    シャロンも一緒にウロウロキョロキョロ。
    それが楽しくて、探し物がなくてもやっちゃいました
    『あっ、あったー♪』と発見したことにして
    『シャロンもありがとね~』とシャロンをワシャワシャ
    なでて一件落着です^^
    2010.3 探し物はなんですか?①

    2010.3 探し物はなんですか?②
    この2枚の写真は、2010年3月。
    うちの子になった翌年のものでした(^-^)/
    (写真の汚いお部屋については、どうぞご勘弁を
  • 2016-01-13 19:20
  • 積雪の少ない今冬ですね。
    ブログの主は空に還り、より一層細々ブログですが、
    今年もどうぞよろしくお願いします。

    年末年始も少し長めに実家に滞在。
    喪中なのでおせち料理はないものと思っていましたが、
    このおせち料理、生前の父が予約したものです。
    我が家はほぼ手作りで母が作っているのですが、
    チラシをみて母曰く、
    『こんなのも買ってみてもいいね。来年あたりどうかな』
    父『注文しろ。』
    という訳でキャンセルせずに父に感謝していただきました。
    お父さん、おいしかったよ~^^
    2016. 初おせち

    続いておいしいお菓子の紹介です。
    2011年夏、珍しく一般公開されていた中華会館
    父と行った際、その向かいにあった洋菓子店
    その時買えなかったのがこのショコラ。
    今回ようやく買えたので、父にも供えました。
    一緒に食べたかったな。
    冷凍で売っていて、解凍1時間が食べごろです。
    ちなみに、クレープもおいしそうでした。
    函館にお寄りの際は皆さんもいかがですか?
    2016. アンジェリックボヤージュ



    気付けば食べ物ばかりの私の写真。
    こちら有名な函館グルメ。
    道南のローカルコンビニ ハセガワストアの焼き鳥
    注文用紙に記入してその場で焼いてもらいます。
    ハコダテワインが吹きかけられた焼き鳥、オススメですよ。
    2016. ハセスト焼き鳥

    お次は以前も紹介したラッキーピエロ
    定番のチャイニーズチキンバーガー(上)はもちろんですが、
    ラキポテ(下)もおすすめ。
    ホワイト&デミグラソース&粉チーズと、
    カロリーどんとこいっっっ。
    2015 チャイニーズチキンバーガー
    2015 ラキポテ
    ちなみにこのお店、メニューが豊富で
    お弁当やピザにスイーツ、なんでもあります。
    母が気に入っているのはオムカレー。
    女性には、完食に難儀しそうなボリュームなんです。
    春には新幹線開通で、何かと話題となっている函館。
    歴史ありグルメあり夜景あり温泉ありの魅力的な街ですよ
    プロフィール

    ゆきcafe

    Author:ゆきcafe
    おいしい空気とおいしい水の北の大地。
    陽気なシャロンと一緒にいることが幸せ^^

    最新トラックバック
    検索フォーム
    QRコード
    QR