• 2015-11-14 19:00
  • バタバタしていて長くも感じる今週でした。
    10日、病院へ行き、鎮痛消炎目的でステロイドをしました。
    それと同時に先週から始めた
    高濃度ビタミンC点滴の2回目。
    規定の濃度に達するまで回数を重ねるのですが、
    シャロンの現況により先生が濃度を考えてくれています。
    この点滴で生活の質を保つことが主な狙いです。
    (高濃度ビタミンC点滴、
     私の説明では正確に伝わらないと思うので、
     興味を持たれた方は調べてみてください。)
    帰宅後、足どりがよくなり、食欲も出ました。
    顔を傾けるなどシャロンなりの食べやすい方法で
    なかなかの量を食べました。
    目の腫れも若干よくなったようにみえました。


    11日、朝になると顔の腫れが増していて、
    目から出る分泌が薄ピンク色、シャロンも辛そうでした。
    夕方に受診し、腫れの部分に針を刺して吸引。
    簡単にはいきませんでしたが、腫れも少し改善。
    シャロン、本当によくがんばりました。
    夜、頬や眼等から液が出続けます。
    夜中には悲痛な声をあげるほど辛そうでした。
    シャロン、あまり眠れないようでした。


    12日、夕方まで状況は変わりませんでしたが、
    夜にかけて少し落ち着いてきました。
    頬や眼が痛痒いのか右足で頻繁に掻こうとします。
    翌日は病院に行くので様子見の1日でした。


    13日、高濃度ビタミンC点滴3回目です。
    予約時間より早く着いたので近所の公園でお散歩。
    2015.11.13 平岡公園①

    2015.11.13 平岡公園②

    点滴はほどよい時間がかかるので、おやつを食べながら。
    食欲はあり、少しですが咀嚼もできるので助かります。
    帰宅途中には、あまりにもシャロンが主張するので、
    以前訪れた歩いて入れるお店に寄りました。
    相変わらずグイグイズンズンマイペース。
    2015.11.13 イオンペットコーナー③

    2015.11.13 イオンペットコーナー②

    2015.11.13 イオンペットコーナー①
    たくさんの時間は残されていないけれど、
    こうして穏やかに過ごせる時間、いい時間です。


    そして、今日は今後の治療について
    先生と夫と私でしっかりと話しました。
    シャロンの状態が大きく変わるので色々と考えました。
    結論は、副作用を覚悟しつつ
    ただ命を延ばすことに賭けることはしない、
    ということで抗がん剤やそれに伴う手術はしない。
    食べること歩くことなど、生活の質を大切にするため、
    高濃度ビタミンC点滴、ステロイド等を行い、
    状況により都度必要なことを行うということに。
    長かった今週ですが、かなり不安定だった私の心も
    ようやく定まってきた気がします。
    今朝、外に出るとシャロンは車のドア付近に行き、
    はっきりと意思表示しました。
    想像ですが、病院へ行きたいんだと。
    ビタミン点滴や処置をしてもらいシャロン自身が実感して、
    病院に行くとよくなると考えているように思いました。
    犬と暮らすって、幸せをもらうだけでなく、
    生き方死に方…ホント学ぶところがいっぱいですね。
    NEXT Entry
    第4回高濃度ビタミンC 点滴&気力・活力の話。
    NEW Topics
    のんびり散歩、ゆずの日常。
    うんP袋。
    今日のゆずと初めての栗。
    9月、オータムフェスト。
    9月、洞爺へ。
    Comment
    H&MBAははさんへ
    どうもです。
    痒みもあるであろう頬や眼下の皮膚は消毒しつつ様子見です。
    散歩では顔から転ばないように気を張ってリードを持っています。
    以前のような距離を歩くことはなくなり、
    排泄後、立ち止まり考えて家に向かうようになりました。
    でも、玄関前で帰宅を拒否していることほぼ毎回。
    相変わらず頑固なシャロンです。

    高濃度ビタミンC点滴、
    単独での治療としての効果を示すデータはないのですが、
    シャロンの様子をみていると、元気になれているようなので
    いいのかな、と。
    どこでもやっているものではないかもしれませんが、
    今回はいい病院を教えてもらいできました。
    ただ、車に乗って約40分、移動の負担はありますよね。
    近所だったらなおよかったです。

    後悔…何をしてもたぶんするものなのでしょうね。
    それでも、お別れまでの気持ちの準備をさせてもらっていること
    ようやく心から感謝できるようになりました。
    いつかは必ずくるその日まで、できることを思いっきりします。
    今日は、痛痒そうな様子が少なく昼寝もできて、
    ここ最近の中では穏やかな1日でした。
    好きな食べ物を目の前にして目を輝かせている顔、
    私も幸せです。
    No title
    こんばんわ。

    シャロン、写真ではとても元気そうなのに。

    高濃度ビタミンCって凄いんですね、エイプの時にそれがあったら、と思わないでもないです。北海道の方が医療は進んでいるのか、あるいはこちらから積極的に相談しなかったからか・・・。

    たった半年、しかも最初から高齢だったけどそれでも後悔はたくさんありますが仕方ないですね。

    好きなもの一杯食べて好きなところへお散歩して愛情たくさん独り占めしてシャロンは本当に幸せ者だと思うよ。
    sheepguy さんへ
    こんばんはv-484
    つまずきが多くなり、
    足の上がりも怪しげなことはありますが、
    元気に歩いていると思います。
    ビタミン点滴の後はより調子よく歩いている感じです^^
    ホップ爺さん、歩けなくなってもプライドもって
    生きていた印象です。
    えっちゃん、短い期間だったけど、
    お別れの心の準備期間をくれて空にいきましたね。
    そうですね、苦痛はできるだけ少なく、と思います。
    今は偏食ながら食欲ばっちりなので、
    おいしそうに食べる姿が心から嬉しく思います。

    いつも見守ってくださってありがとうございます。
    これからもよろしくです^^
    ゆらさんへ
    こちらこそゆらさんには感謝感謝で、
    足を向けて寝られません(笑)
    たくさん動物病院はあるけれど、
    人として大切な心をもつ先生ってなかなか出会えません。
    動物とその家族にこんなに真摯に向き合う先生、いたんですね。
    シャロン、ガンと頑張って闘っています。
    そして今日もまた、るんちゃんの時のブログを
    読ませていただいていました。
    私もゆらさんのようにシャロンと点滴の回を重ねたい、
    できるだけ通えますようにと思いながら。

    お店のオープン予定まで1ヵ月でしょうか。
    きっとたくさんの方の笑顔で溢れる場所になるでしょうね。
    準備の大変さは私なんかの想像を
    はるかに超えるものだと思います。
    何もできませんが、オープン楽しみにしています。
    シャロンと行けたら最高ですe-257
    こんばんは
    シャロンちゃん、歩く姿は元気そうなのにね。
    実家のGRたち、特にホップなんかは
    歩けなくなってからがすごく長くて・・・
    エイプリルも1045曰く「ながーい虫の息」
    だったワケですが・・・
    なるべくゆっくり、そして苦しくないようにと、
    願ってます。

    直に会ってもいない俺だけど、これからも
    シャロンちゃんと皆さんの様子を
    見守りたいと思います。
    応援してます
    ゆらです。
    先日は有難うございました。
    お店のPRも書いていただき
    感謝感謝です。
    シャロンちゃん、本当に頑張ってるね。
    我が仔と共に通ったビタミンC点滴…
    思い出されます。
    どうかどうか、体の中で意地悪してる奴が
    暴れませんように。
    穏やかな日々が続きますように。
    お店オープンしたら、シャロンちゃんにも来てもらわなくちゃ。
    楽しみに待ってます。
    また気楽にお立ち寄りくださいね。
    Comment form
     管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    ゆきcafe

    Author:ゆきcafe
    おいしい空気とおいしい水の北の大地。
    陽気なシャロンと一緒にいることが幸せ^^

    最新トラックバック
    検索フォーム
    QRコード
    QR