• 2016-12-08 23:55
  • 2014.12.14 黒松内にて③

    昨日がシャロンの命日でした。

    オレンジのガーベラにオレンジピールチョコをお供え。

    縁あって初めてのわんことの暮らし、

    気持ちを通わすことのできる大切な家族、

    キラキラの毎日でした

    ごはんの支度、散歩にお出かけ、歯や耳&毛の手入れ、

    どれも慣れてしまえば単調と思えるお世話ですが、

    これをすること自体が幸せなことでした。

    『シャロンはこうして居てくれるだけでいいんだよー』と

    元気な時からよく言っていましたが、

    まさにそうだったんだと実感しています。


    自分からご飯や散歩を要求することはなく、

    声をかけられたらサッとスタンバイ。

    要求しないから遠慮しているのかと思えば

    そんなことは絶対ないんです。

    コンビニ前の車中での留守番はギャン吠え。

    散歩以外のお出かけのない1日とわかると、

    ため息を超えてのブーイング…


    当初、おならは音を出さないようにしていたようで、

    おならをプッとした途端にオロオロしていたっけ…

    あまりの動揺っぷりに可哀そうやら可愛いやら。

    それ以降おならを全力で褒めたら、

    気にせずプープー発射していたな…


    そういえばこんなこともありました。

    以前の住まいは私の職場のすぐ近く。

    シャロンと散歩していた夫の手からリードが離れました。

    どこに行ってしまうかと思ったら、

    来客で開いた私の職場の玄関を通過して

    私のいる事務室のドア前に立っていました。

    『シャロン!?』と他のスタッフの声に

    私も一瞬、状況が理解できずにいました。

    シャロンは私のいる場所を知っていて、

    『来たよ♪』といった感じ。


    ある夜には草むらからねずみを意気揚々と咥えていました。

    私と夫が『ひっ』と声をあげて後ずさり。

    その反応にシャロンはネズミをポトリと落とし、

    シャロンも一緒に驚いた様子を見せていました。


    あれもこれもと色んな出来事を思い出します。

    シャロンのあまりの存在の大きさに、

    想像以上に自分にダメージがありました。

    もう一度撫でたい、抱きしめたい、せめて夢に、

    なんて何度も今も思ってしまいます。

    思い出してポロポロすることはあるけれど、

    『ありがとう』の気持ちは永遠ですね(^-^)/

    わんこと暮らせる時期がきて、どこかに縁があることを信じ

    その時を楽しみにしています。

    2014.12.14 黒松内にて②


    2014.12.14 黒松内にて①


    NEXT Entry
    2016年 大晦日。
    NEW Topics
    夏らしく
    久しぶりのアウトレットモール。
    4回目のお風呂&可愛くて偉そうなワンコ。
    しばし実家 ~食べ物編~
    しばし実家。
    Comment
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    あら^^;
    Sheepguy さんへ
    何年も使っているFC2ブログですが
    私は未だに仕組みがよくわからず、
    せっかくコメントしても厳しい設定じゃ面倒ですね…
    このブログも設定で変えられるのかも。
    できる範囲で調べてみますe-68

    そうそう、ねずみさん、生きていたんです。
    さすがレト、上手に獲物を咥えるんだなぁと
    後から感心していた次第ですe-317
    あれれ、
    ちょっと誤字訂正したらまた
    「管理人の承認待ち」に戻っちゃいました。
    結構厳格ですね、このFC2ブログ。
    何事もオーナーの許しを得てから、
    という感じでしょうか?・・・その点、
    我らがexciteは終日自由時間みたいな
    もので・・・こちらも設定を変えれば
    かなり厳しくできるみたいだけど、
    それも面倒かな、と・・・(^_^;)

    それはそうと、ネズミさんは
    生きて帰れたんですね。
    シャロンちゃんも褒めてもらいたかった
    だけで、決して殺生をしたいワケでは
    ないと・・・何だか安堵しました。
    Sheepguyさんへ
    こんばんはv-484
    ワンコとの暮らし、思いがけないことも起こりますね。
    シャロンがポトリと落としたねずみさんは、
    命拾いしたとばかりにサッと逃げました^^
    シャロンはきっと、『こんなともできるんだよ』って
    私達にみせてくれたんでしょうね。
    あの時のシャロン、私たちの反応に一瞬で合わせる感じでした。

    初代GRリキ君、
    褒められたり遊んでもらいたかったんでしょうかね。
    表情や反応がたくさんあると、ほんと可愛いですねe-257

    他愛ないエピソードですが、また何か書くかもです。
    ブログで使っていないシャロンの写真、
    た~くさんありますしねe-266
    優しいコメント、ありがとうですv-290
    こんばんは
    全部が面白いエピソードですね。
    レトはとにかく咥えてきて褒めて
    もらおうという思いが強いから・・・
    せっかくネズミ捕まえたのに
    引かれてしまったシャロンちゃんの 
    落胆ぶり、想像に難くないです。
    (でも、その場に居合わせたら俺も正直・・・^_^;)

    昔、実家のリキも何か咥えて「ほらほら!」
    とやってきたのに、運悪く皆がテレビに
    夢中になっててシカトされてしまい、
    唖然としてた事がありました。
    (近年俺は殆んどテレビは観ないのに・・・そういや何の番組だったかも忘れました)
    リキも「な、何で・・・??」という
    もの凄い表情と仕草だったので、後で
    皆笑いました・・・今にして思えばひどい家族だな・・・(゜ロ゜)

    シャロンちゃんとのこういうエピソード、他にも沢山ありますよね?
    気長に楽しみにしてます。
    Comment form
     管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    ゆきcafe

    Author:ゆきcafe
    おいしい空気とおいしい水の北の大地。
    陽気なシャロンと一緒にいることが幸せ^^

    最新トラックバック
    検索フォーム
    QRコード
    QR